スポサードリンク


2016年04月21日

【平成28年 熊本地震】地震直後は『大丈夫』のひと言でわかってほしい

平成28年(2016年)熊本地震 >


今回、大きな地震を経験して、地震直後の電話に困りました。

4月14日21時26分の前震は起きている時間なので、ニュース速報を見て、心配した遠方の身内から電話がかかってきました。

スマホは直後は通じなかったのか、22時半ごろまでかかってきませんでしたが、固定電話は生きており、こちらにかかってきました。

安否確認はありがたいです。でも、その時は地震に対応するのが精一杯です。

でも、鳴るから出るわけで・・・ 我が家の固定電話はナンバーディスプレイではないので、もしかしたら近くに住んでいる長女かもしれないので、こういう緊急事態でも出てしまうんですよ。

『大丈夫です』と言って切ろうとしても、先方は心配だから『ケガしていない?』『家は大丈夫?』なんて聞いてきます。

いつもは寛大な夫ですが、さすがにこのときは『後で連絡するので電話切ります』と切りましたね。



友人のところは逃げようとして、玄関で靴を履いていたときに電話が鳴りました。

社会人の子どもがまだ帰ってきていなかったので、息子だと思って、リビングに戻って電話に出たら、県外の友人だったそうです。



遠く離れている人にとって、心配なのはわかります。

私たちもありがたいと思っていますが、大きな地震の直後は自分たちのことで精一杯なので、遠方の方の電話は遠慮してほしいです。



こういうことは経験してはじめてわかることなので、私たちもはじめてわかりました。

だから、ちょっと知っていてほしいなーと思い書きました。


つづく

posted by ゆめこ at 10:31 | Comment(0) | 平成28年(2016年)熊本地震
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]