スポサードリンク


2016年04月18日

【平成28年 熊本地震】車の中も揺れる、外は地響きするし・・・

平成28年(2016年)熊本地震 >


1階におり、マンションの人たちとまたまた安否確認。

そして、『うちは○○○へ行きます。犬がいるのでとりあえず車の中に避難します。』と伝え、マンションを出ました。

避難所に行く前に、長女宅へ。

私『ママたちは○○○へ行くね。あなたたち(長女夫婦)はどうする?』

長女『私たちはここにいる。』

私『気をつけるんだよ。危なかったらすぐに外に出るんだよ。』

このとき、23時23分。

地震が起きたのは、21時26分です。家から出るのに2時間かかっています。

23時23分の時間がわかったのはスマホの履歴です。

地震発生から私のスマホはよく鳴りました。しばらく鳴らなくなると今度は固定電話に。でも私はここまで無視してきましたが、やっと電話にでる余裕が。

あと、LINEもすごかった。一番最初のメッセージが関東にいる二女からで21時29分。

我が家は家族&親戚でLINEをやっているので、『大丈夫』の返信でみんなに届きました。この点はよかったけど、友人たちはそんなわけにいかず。でも、LINEは『大丈夫』と返信するのみでとりあえず相手に通じるのでLINEは無視しませんでした。

電話は『大丈夫』のひとことで切りたくても切れないので、出るのも躊躇しますね。



長女と別れ、夫と愛犬とすぐ近くの避難所へ。

中がどんな風になっているのかわからず、とりあえず夫が中へ。

夫『かなり人がいるけど、犬を連れている人はいないから俺たちはここだね』

ということで車の中へ。でも、車の中って怖い。すごく揺れるからしばらく外に居ました。でも、今度は地響きが不気味で・・・。

まわりの人たちと時折話しをしながら、気を紛らせたりしていたけど、だんだん寒くなり車の中へ。

でも、車の中は揺れる。そしてまた外へ。こんなことを何度も繰り返し朝方4時ごろ自宅に帰ることに。

私『家に帰ろうか。サトシたちも落ち着かないし』

夫『そうだな、家のほうがいいかもな』

車はそのまま置き、ふたりで歩いて自宅に。

マンション近くには住民たちが車の中で避難。

自宅に戻り、そのまま寝室へ。我が家の寝室はモノが何もないので安全です。

洋服のまま愛犬たちと一緒に布団の上に転がり。でも怖くて眠ることもできず結局一睡もできぬまま朝を迎えました。


つづく


posted by ゆめこ at 15:47 | Comment(0) | 平成28年(2016年)熊本地震
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]