スポサードリンク


2011年07月12日

【風水基礎】陰陽と五行

トップ > サイトマップ > 風水基礎知識 >


風水の基礎となっている陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)


陰陽説
古代中国では、自然界のあらゆるものを陰(いん)と陽(よう)にわけました。
陰と陽の両方のバランスがうまくつり合っていることが大切です。
たとえば、体に必要以上の『陰』の気がたまると、人は病気になったりします。

陽 ⇔ 陰
男 ⇔ 女
昼 ⇔ 夜 
生 ⇔ 死
天 ⇔ 地
温 ⇔ 寒
明 ⇔ 暗

陽の気・・・旺気(おうき)
陰の気・・・さっ気
※物は新しいうちは旺気が満ちており、物が古くなるとさっ気が強くなる。さっ気が充満した空間で生活をしていると『運の悪い人』になります。


五行説
自然界は木(もく)、火(か)、土(ど)、金(ごん)、水(すい)の5つの要素で成り立っているという考え方。


木(もく)・・・木製の物、若さ、チャンス
火(か)・・・プラスティックやガラス(明るい場所に置いた場合)、美しさ、地性、ステータス
土(ど)・・・陶器など、財、安定
金(ごん)・・・金属、丸い形の物、楽しみ、豊かさ
水(すい)・・・ガラス(暗い場所に置いた場合)、曲線状の物、愛情


五行 


相生(そうじょう)・・・互いに生かし合う関係
木生火・・・木は火を生じる、木がこすれると火になる
火生土・・・火は土を生じる、燃え尽きた火は灰=土になる
土生金・・・土は金を生じる、金は土から生まれる
金生水・・・金は水を生じる、金は水と交わると増える
水生木・・・水は木を生じる、水は木を育てる


相剋(そうこく)・・・互いに対立し合って運気を低下される関係
木剋土・・・木は土を剋す、木は土の養分を吸い取る
土剋水・・・土は水を剋す、土は水を汚す
水剋火・・・水は火を剋す、水は火を消す
火剋金・・・火は金を剋す、火は熱で金属を溶かす
金剋木・・・金は木を剋す、金物は木を伐る



posted by ゆめこ at 13:24 | 風水基礎知識